春待つオブジェ

県知事までインフルエンザになった信州です。私の方は、新年会が多い割にはなんとか今のところ乗り越えてきております。

雪の残る現場で墓誌を建てて来たりもしてますが、寒いし部屋の中で春に備えて作品を絶賛制作中です。定番モノも作りつつ、昨年から手を出し始めたドライフラワーとの組み合わせという、デリケートでとても展示会には出せそうもないモノも作ってます。このシリーズ、「Reborn」というタイトルで3つめです。先日来られた海外からのお客様から、ジブリの宮崎監督の世界のようだと言われました。確かにナウシカとかとテーマ近いかな。

もうすぐ立春。皆様インフルエンザには気をつけて春を待ちましょう。

 


豊楽

正月はかみさんの実家の下呂市で過ごし、戻れば年始回りやら組合の集りやらあって、本日から仕事始めでございます。

さてどんな年になるのやら、壁に信耕ヒロ子さんの猪を飾り気合いを入れております。6月と10月の個展、クラフトフェアも35周年。体力と気力は若い頃のようにはいかないけど、産みの苦しみを楽しみながら頑張って行きましょう。

皆様にとっても良い一年になりますように。


仕事納め

Specially prepared New Year's dish and a round rice-cake.(made of stone)

きのうは仕事納めでした。ギャラリーのテーブルの上もXmasから正月仕様にチェンジ。恒例の石の鏡餅とおせちセットです。

恒例と言えば正月2日から長野市の珈琲倶楽部 寛での個展がございます。

毎年ご挨拶展としてもう何年目なのかさえ覚えてませんがお世話になります。

常連様にご連絡です。ご存じかと思いますが、

ご母堂が体調不良と言うことで3日は休みとなりますのでお気を付けて下さい。


サンドブラスト

たまには石屋の仕事の話。サンドブラストは石塔に文字を彫るときに用いますが、絵画表現にも使えます。特に黒御影石など、磨いた状態と荒らした状態の明度差がある石ほど効果が上がります。こちらが最近手がけた例。

故人が野球に関係していたということで、花立て正面にグローブやバットをモチーフにした絵柄を彫ってみました。

 

 

出来るだけメリハリのある絵を心がけ下絵を描いて準備します。

石の表面にゴムシートを貼り、下絵をトレースし明るい部分から剥がして砂を吹き付け荒します。

これを繰り返し最後は全部剥がした状態で微調整します。

 

大変喜んで頂き良かったです。


褒賞

去る勤労感謝の日に、松本市より松本市技能功労者褒賞というものをいただきました。石屋やってると感謝状をいただく機会はありますがこういったモノは初めてで、年取ったんだなぁとつくづく感じております。

なにはともあれ、組合の諸先輩や仲間達にも心より御礼申し上げます。厳しい石材業界ではありますが頑張って行きましょう。


伊藤博敏+佐藤陽一展 2018

立冬を過ぎたとは思えない風の肌触りに気持ちまでのんびりしてしまうけど、来週からはそうはいかないよとテレビの気象予報士に脅かされている今日この頃、気がつけば9月からブログ更新していなかったなぁ。クラフトピクニックがあったり、来年に向けて幾つかのプロジェクトも始動しはじめたりと、何かしらネタはあったんですが早い話忙しすぎた。

さて、恒例の佐藤陽一さんとの二人展が長岡で月末からスタートします。

もう23年もやってるんです。年取るわけです。

新作を含め、たぶん10点は出せると思います。頑張ってます。

お近くの方はお出かけ下さい。


GOODS & JIYUSEKI CALENDAR

秋・・なのかなの今日この頃、先日藝祭の見学で大学に行ったところ、まだ暑い日でしたが美術学部の通称「奥の細道」にドングリが転がっていました。縦長のフォルムで私の作品にも使わせてもらってます。

さてFBとかでは告知済みですが、来年のカレンダーが出来ました。10月から販売配布予定です。それに加えてこちらの新作グッズも登場です。以前制作したジユウセキ学習帳の新作その名も「自遊帳」です。以前の日記帳と共に10月より販売開始です。

裏表紙はこんな感じ。

1部250円です。本文は白紙です。

 

カレンダーは1部500円です。

ちなみに再発売の日記帳はこんな感じでした。


An exhibition at Honfleur started.

先週よりオンフルールでの展示がスタートしました。フランスでの企画展示に参加させていただくのは4回目ですが、自分が展示会場に行くのは初めて。1週間のフランスの旅を一気にご紹介します。

ここが会場のVILLA DOMUSE

私の来るのを待って下さっていた方々も何組かいてびっくり。

今回の企画展は日本人作家7人と日本的な作品を作る2人の海外アーティストの9人の作品が10月まで紹介されてます。

ギャラリーのあるオンフルールはノルマンディー地方にある港町。海鮮物は豊富だし、畜産も盛んなのでチーズもおいしい。

印象派の画家達が描いてきた街並が戦争の被害も受けず残ってます。

週末はマルシェ。豊富な野菜から総菜まで揃っちゃう。

リンゴも採れるのでシードルやカルバドスもおいしい。

年代の違うビンの並ぶ店先。

もちろんパリも少しは観光

地下鉄の駅もアーティスティック。

片付けられてる椅子さえオシャレ。

そしてモンパルナスのお墓で美術鑑賞気分。

忘れられない旅となりました。


LA NUIT DES ARTISTES

フランスのオンフルールでの企画展のパンフレットから抜粋です。

8月4日からスタートのこの企画は日本の作家中心に9人の作品が並びます。

初日からイベントもあるようなので、初おフランスお出かけして参ります。

日本の作家の人選はボストンの展示からお世話になりっぱなしのKeiko Fukaiさんです。

それにしても綺麗な街だなぁ。


ゲスト出品

お世話になってる中野ブロードウェイのギャラリー「リトルハイ」にて、石野真子さんの展覧会があります。そこにクセの強い7人のアーティストがゲスト参加いたします。

期間中お近くを通る予定のある方は覗いてみて下さい。初日はご本人もいらっしゃるとか・・。

ちなみに私は行かれる日があるかわかりません。作品は「Rock in Rock」とか出してます。

 



伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM