「SPIRALE+」開催中

中嶋明希 「insect」
本郷英行 「月・水・金」Moon Water Gold 0011 
本郷博 「こころのキャビネット」
市民ギャラリーAでやってます。2階北への通路一番奥で無料です。有料展示より面白かったらごめんなさい。

「SPIRALE+」 始まる

山田昌宏 「1976年のある一日」
城井光広 「105Diamonds」
長谷京治 「時のアーチ」

松本市美術館にて「SPIRALE+」展が始まりました。NewYork sofaの会場かと思うほど濃い作品が並んでます。立体の面白さを見せてくれるプロの作品を是非ご堪能ください。
 

11人の仕事


YAMAWAKIギャラリー搬入及び初日終了。
市谷駅前通りに面した広いガラスが印象的な「山脇美術専門学院」。こちらの一階にギャラリーはあります。日曜日休廊なのが少し残念ですが、月曜日まで展示してます。非常にレベルの高いメンバー過ぎて尻込みしそうでしたが、皆さん人間的にもすばらしい方々で仲間に入れていただいたことをうれしく思いました。29日のパーティが石屋の式典と重なってしまい、出られず悔しいです。


お会いできなかった山田さんのSF映画に入り込んだような世界。


同級生で藝大の 准教授やってる藤原君のガラス。本人はまだ納得の出来ではないようだけど、この流動的な素材を使いながら、ある一瞬を切り取ったように仕上げていく仕事は是非現場をみたくなった。


同じく鋳金の准教授、赤沼 潔さんの壁面作品「幻想」。実際の展示は他のいくつかのオブジェとのコンポジションになっている。緑青の肌合いが優しく植物的なフォルムがとてもきれい。

写真がうまく撮れず一部のご紹介しかできませんが他も見ごたえ十分なので是非ご来場を。

アネハネハ楽園国


 

姉歯公也君の「アネハネハ楽園国」を見るため長野市の寛さんまで。
仙台出身の彼から震災後のいろんな思いなんかを、コーヒー片手に聞く。
作品はというと相変わらず繊細なのにパワフルで、きちんとアネハネハワールドに見る人を引き込んでいく。今年は一緒に東京でグループ展もやる予定もありいろいろ楽しみ。
6月29日まで。

cupworks

続いての出品予定作品は、モノエの尾上耕太さんによるcupworks。
ガチガチの「用の美」頭の方は「なんて洗いにくいカップなんでしょう」と思って終わり。
「この彫刻、マグカップとして使えるんだ」っていう視点が持てる方は、人生倍楽しめます。 

王妃


ちょっと相談を受け、先日美術館へ。3階の図書館はこの日ももったいないほど静か。細川宗英さんの王妃の像から後光がさしているように見えるこの場所はお気に入り。

今年のメディア芸術祭受賞作品が発表された。アート部門はキネティックアートに音もくっつけたサウンドスカルプチャーでスイスのチーム。 動きだけで言えば、30年以上前からやってるの伊藤隆道さんや鍛金先輩の大隅秀雄さんなどの作品の方が面白い。

ひとくぎり

情景図鑑にご来場いただいた皆様ありがとうございました。
来られなかった皆さん、いいモノ見逃しましたね。残念でした。
作家の皆さん、いろいろ刺激をいただきありがとうございました。
ほんと皆さんすごいわ。
地元の放送局で「工芸の五月」の番組を作っています。本展も昨日撮影がありました。
来月あたり放送予定。カットされないかな。

本日は別な取材で、写真家の浅井 愼平さんとイラストレーターの本山賢司さんと一緒に水巡り。
こちらは、空からの水に翻弄されて大変。それでもなんとか撮り終えたのでほっとしてます。
しかしこれこそカットされないかな。放映は6月13日だそうです。


妖精のいる所

 
情景図鑑始まりました。写真はkaoさんのフェアリードーレのシリーズから「蝶の骨」
繊細にもほどがあるといった仕上がりに、来る方の目も釘付けでした。
それぞれの作家の個性溢れる仕事は必見です。クラフトフェアの中では薄れてしまった部分を、こうして「工芸の五月」の中で紹介できたらと思っています。



明日オープニング

 いよいよ明日「情景図鑑」初日です。開廊10時、オープニングパーティーはお昼からです。
先日アップした野球少年が今のところ搬入されてませんので、搬入済みの作品をご紹介。
三輪車に乗った少年は、たぶん月光仮面に憧れていると思われ、マントにバイクで月光仮面と想像している自分がかなりおじさん入ったなと思われ・・・。昭和は良かったと、天然色の思い出に浸るのであります。



伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM