秋かぁ


夏までの展示会がひと段落、気がつけばセミの声がコオロギに替わり、ビールが日本酒に替わり、夜は窓を閉めて寝始めてる。Bunkamuraご来場の皆様ありがとうございました。

もう秋ですよぅ。日の移ろいが以前より速く重く感じるのは、背負うもののせいばかりじゃないんでしょうね。飄々と生きることが50代の理想だったけど、平らな道でもつまずく事だってあるなと感じるこの頃です。

30才のころ作ったカードを最近の作品で再現してみたんだけど、まったく成長してないな。


さて、ちょっと早いですが、秋は埼玉の「温々」で展示予定です。
「堅物の憂鬱」 10月27日(火)〜11月8日(日)
  

Swing DAYS スタート

渋谷Bunkamuraでの企画展始まりました。徳持さんの軽やかでジャジーな鉄の作品は、見る者の視点を惑わせ二次元と三次元の境界の旅にいざなってくれる。石と鉄の2人展と言われて思い浮かぶイメージとはかなり違うものになったと思います。


8月13日までと短い期間ですが是非お出かけください。
テヘペロ。

モニターの向こう側


天気の変化の激しい梅雨明け前、テレビ出演が続きました。
まずは「めざましテレビ」。レポーターはタレントの 鹿沼憂妃さんで、ギャラリーを案内。その後めざまし君を使って作品を作ることに。歯車の葉に覆われた巨木の周りをオールドスタイルの人々が行きかう中に朝日を見つめるめざまし君という設定にしました。
タイトルは「新しい朝/歯車の木の下で」喜んでいただけたようでした。
1週間ずれて取材を受けたのがBSフジテレビの隙間番組「革新のイズム」提供がAudiということもありデーヴ・フロムさんの渋いナレーションに乗せて、とにかくカッコ良さげな番組です。細かい注文でいろいろやりましたが、石屋の親父には試練でした。

Swing Days

夏の渋谷に参上いたします。鉄筋彫刻で人気の徳持耕一郎さんとの2人展です。

中野の余韻も冷めやらぬ、夏まじかの今日この頃。渋谷BUNKAMURAでの企画展をご案内します。DMも完成し、タイトルロゴは、打ち合わせなしにふたりでバラバラに書きました。デザイナーさんご苦労様でした。ちなみに私は「DAYS」のほうです。まだひと月あるので、詳細は後日。




ブロードウェイデビュー


リトルハイでの個展、絶賛開催中です。
初日にお出かけいただいた皆様ありがとうございました。お会いできてうれしかったです。
この土日は在廊できませんのでごめんなさい。中野ブロードウェイという稀有な空間での展示のせいか、作品たちはいつもと違う衣を1枚纏ってる感じがします。私だけでしょうけど。
いくつか嫁入りの決まった作品もございますが、基本最終日まで展示してますので是非ご覧ください。

リトルハイ

工芸の五月も残すところあと少し。最後の2日は大変な賑わいが予想されます。
そんなこんなで6月の個展案内をしていませんでしたのでご案内。会場は東京、中野ブロードウェイにあるリトルハイ。期間はDMの通りです。
今回は先日の日テレ「スッキリ!」で紹介してもらったせいか、今までに無く勝手に宣伝してくれる方が多くて、ブログが一番遅いんじゃないか状態です。今日はヤフーニュースにまで載ってしまいました。
さてプレッシャーを感じながらもう少し作品増やします。

スッキリ!



Full of sphere / 「光放つ刻(とき)」
本日「スッキリ!」にてご紹介いただいたビー玉の作品です。制作途中からは撮影控えていただきましたが、ディティールまで結構手を入れてますのでかなりのアップにも耐えられます。
実物でご覧いただくとガラス玉にレンズの効果もあるので、実際彫った穴のサイズより深くまで彫りこんでいるように見えます。



春来たりなば

久しぶりにブログを更新。庭のフキノトウが膨らんできたり、池の鯉が顔を出すようになったりと、春も本格的なデビューに向けて身繕いを始めたようです。
近況報告として、2月にはパリのギャラリーに作品を送ったり、長野東急のイベントに参加したりしてました。3月になり、浅間温泉の「界 松本」での企画展示がスタートして、もうひとつ作品を納めさせてもらった金沢市の「東山 久りゅう」という工芸店が新幹線の開通に合わせて開店するそうです。お出かけの方は探してみてください。

初の膳

Stone Osechi 
Osechi ryori is specially prepared New Year’s food, beautifully arranged in lacquer boxes.

あけましておめでとうございます。
今年は松本で年を越し正月を迎えました。うっすら雪化粧した街がとても静か。寝ぼけ眼を詫びながら仏壇、神棚、水神様と手を合わせ、少しばかり燗酒を五臓に巡らせながら、御節をつまんでます。("注"写真の食えない御節料理は20代の頃のもの。正月にはとりあえずギャラリーに並んでます。)
さて、どんな1年になりますやら、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


石を纏う

New Years Exhibition "Wear the stone" / NAGANO 1/2〜1/13
さてさて押し詰まって参りました。今年も1年大きなアクシデントもなく、家族がとりあえず元気に年越しが出来そうだという幸せを噛みしめながら、新しいカレンダーを掛け直しております。
来年は早くもいくつかの展示会のオファーをいただいております。うれしさと落ち着かない気持ちが綯い交ぜになり、胸のあたりにカウントダウンしかしらない秒針だけの時計を抱えているようです。
そんな中最初の展覧会は恒例の長野市「珈琲倶楽部 寛」展です。
未年という事で「石を纏う(いしをまとう)」をテーマにセーターやマフラーが並びます。新作がほとんど無いですが、基本的に展示のみの正月のご挨拶展ということでお許しを。


伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM