古里言葉2

 前回の続きってわけではないけど、現場仕事をしていたら近所のおばさんが家族と「行く」の活用形で話すのが耳に入りました。標準語だと・・
「もう、行くの?先に行っていいわよ。すぐに行くから」
と言うところ、おばさんは早口の松本弁で
「もう、行くだ?先、行ってり。すぐ行くで」
と美しく活用されてました。これがおじさんだと多分・・
「へぇ行くだかい?先、行きましょ・じき行くでせ」
となります。松本弁活用講座でした。

古里言葉

忘年会が続く。酔うと松本弁が飛び交うのである。
フィクションも交えて再現。

「山さんちとのあいさに、かしがったビル建たってたずらぃ」
「あったかやー?」
「何こいてるだい。おらほぅにうつかりそうになってたじゃねーかい。」
「あぁ、今朝まえでにトラック止まってたわ」
「あれせ、がわただけ直すってせ」
「ほうじゃあるめぇ。中へーりゃえらいじ」
「そーせ、壁なんささらほーさら。もちろん、なから直すずらけんども」
「なんにするだい」
「東京の若いしょが服売るだって」
「おら達の羽織るようなもんあるだかや」
「だめせ。最近のわけーしょの服はつもくて、ボタンもかえねー」

自動英訳は無理かも。



蔦紅葉


月末からの2人展に向け、作品を少し制作中。DMも完成したので来週お披露目予定。
制作が進まないという焦る気持ちと、少しづつ華やぐ年末の空気でなんか落ち着かない。
昼間は現場やら会議やらと忙しがっているけど、ふとした場所で見つける晩秋のなごりに心癒される。結局秋らしいこと何もやってないなぁ。時間づくりが本当に下手だと反省。
そういえば「家族の時間づくりプロジェクト」なんていうのを観光庁でやってるらしいけど、そんなことまで国で考えなきゃいけない時代なんだもんなぁ。なんだかなぁ

黄葉踏別



アルプス公園にて、黄葉踏み分けマレットゴルフ。後半腰の痛みが出てからスコアが良くなった。何事も力の入りすぎが良くないと身をもって知る。
同じ会場でオリエンテーリングの全国大会が開かれており、100人ほどの選手がこの公園内を駆け巡っていた。結構広いアルプス公園のマレットのコースにもなっていない野山を、地図を片手にコントロールと呼ばれる通過ポイントを探しながらゴールを目指す。こういう世界もあるんだなと、新しい扉を見た感じ。多分私がこの扉を開けることはないでしょうけど。
 

烏飛兎走


きのうは日帰り搬出で上京。今回の出品作から2点を恵比寿三越の クロスイーに納品。散歩中の犬まで、ハイソで、(乳母車にブルドッグですよ〜)自分が場違いに感じてしまう街。田舎者には夕日を映すビルの窓までがなんだかオシャレに見えてしまう。

新宿もそうだったけど、クリスマスバージョンに町が染まり出してる。
ガーデンプレイスの入口まで、駅からずっと前を歩いていた親子連れ。バレーの発表会の帰りらしく、きちっと髪をまとめた小さな姉妹が可愛い。
母親が、「ほらー、クリスマスだよー」と指をさして教えると、お姉ちゃんのほうが、「今日はハロウィンだよ」と即座に切り捨てていた。 確かに・・・。

記事掲載誌


20日発売「KURA」11月号の「つくり手を訪ねて」でご紹介いただきました。
適当なことしゃべってます。6頁ほとんど写真です。(水着グラビアはありません)
御笑読下さいませ。 

不休返上

ここんところの激務で、普段は休まない祭日を休日にした。 今日はWedding anniversaryでもあるし少し充電ってところ。

そんなわけで久々のブログでまずはどうでもいいことなど報告。気になっていた2次元にしか見えないバッグが先日届き、写真に撮ってみる。一応モノは入る。一応ですけど。

今月後半25日から31日までグループ展に参加します。大学時代の仲間から誘われての久々のグループ展。いろんな素材の11人展です。場所は東京の山脇美術専門学院にあるYAMAWAKIギャラリー。お出かけください。




蕎麦の花、蓮の花


台風のご機嫌を窺いながら現場仕事が続く。周りに広がる畑には蕎麦の花が満開。某蕎麦工房が借りている自家農園だとか。休耕地だったところがみんな蕎麦畑になってます。
なんだかんだ激動の年だけどちゃんと秋は来るんだなぁ。
秋といえば東京芸大の芸祭があって、高校生の娘が友達と出かけた。毎年話題になる神輿をメールで送ってもらった。今年の大賞は下の作品。


蓮から乗り出す、なんともアクティブな観音さん。来年は見に行けるかなぁ。

晩夏の散策、キノコの散歩


有明のギャラリーシュタイネで開かれた、笠井秀郎(吹きガラス) 中山昌果(陶オブジェ) 「ふたりはいつも」展に出かける。今日が最終日なので午後滑り込み鑑賞。しばらく来ないうちに、シュタイネさんの内装も楽しい仕掛けが施された素敵な空間になっていた。
和洋関係なく、空間に不思議な空気を漂わせながらも馴染んでしまう笠井ワールド健在。
笠井さんはすっかり作家活動が忙しく、夏のツアーが今日で終わりとか。お疲れ様でした。

 ギャラリーを出るとキノコが丸太の柵の上で、2本足で散歩していた(ように見えた)。

蛍の軌跡


心霊写真ではございません。今年も我が家の庭で蛍たちが遊んでおります。
先日まで3つ、昨晩からは7つほど確認できます。写真はどう撮っても軌跡しか写りません。って言うか、軌跡を収めるのも奇跡です。むずかしい。 


伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM