秋かぁ


夏までの展示会がひと段落、気がつけばセミの声がコオロギに替わり、ビールが日本酒に替わり、夜は窓を閉めて寝始めてる。Bunkamuraご来場の皆様ありがとうございました。

もう秋ですよぅ。日の移ろいが以前より速く重く感じるのは、背負うもののせいばかりじゃないんでしょうね。飄々と生きることが50代の理想だったけど、平らな道でもつまずく事だってあるなと感じるこの頃です。

30才のころ作ったカードを最近の作品で再現してみたんだけど、まったく成長してないな。


さて、ちょっと早いですが、秋は埼玉の「温々」で展示予定です。
「堅物の憂鬱」 10月27日(火)〜11月8日(日)
  

Swing DAYS スタート

渋谷Bunkamuraでの企画展始まりました。徳持さんの軽やかでジャジーな鉄の作品は、見る者の視点を惑わせ二次元と三次元の境界の旅にいざなってくれる。石と鉄の2人展と言われて思い浮かぶイメージとはかなり違うものになったと思います。


8月13日までと短い期間ですが是非お出かけください。
テヘペロ。

モニターの向こう側


天気の変化の激しい梅雨明け前、テレビ出演が続きました。
まずは「めざましテレビ」。レポーターはタレントの 鹿沼憂妃さんで、ギャラリーを案内。その後めざまし君を使って作品を作ることに。歯車の葉に覆われた巨木の周りをオールドスタイルの人々が行きかう中に朝日を見つめるめざまし君という設定にしました。
タイトルは「新しい朝/歯車の木の下で」喜んでいただけたようでした。
1週間ずれて取材を受けたのがBSフジテレビの隙間番組「革新のイズム」提供がAudiということもありデーヴ・フロムさんの渋いナレーションに乗せて、とにかくカッコ良さげな番組です。細かい注文でいろいろやりましたが、石屋の親父には試練でした。

Swing Days

夏の渋谷に参上いたします。鉄筋彫刻で人気の徳持耕一郎さんとの2人展です。

中野の余韻も冷めやらぬ、夏まじかの今日この頃。渋谷BUNKAMURAでの企画展をご案内します。DMも完成し、タイトルロゴは、打ち合わせなしにふたりでバラバラに書きました。デザイナーさんご苦労様でした。ちなみに私は「DAYS」のほうです。まだひと月あるので、詳細は後日。




ブロードウェイデビュー


リトルハイでの個展、絶賛開催中です。
初日にお出かけいただいた皆様ありがとうございました。お会いできてうれしかったです。
この土日は在廊できませんのでごめんなさい。中野ブロードウェイという稀有な空間での展示のせいか、作品たちはいつもと違う衣を1枚纏ってる感じがします。私だけでしょうけど。
いくつか嫁入りの決まった作品もございますが、基本最終日まで展示してますので是非ご覧ください。

風紋

「百の手は百の暮らしを創造する」
きのうまでの喧騒からは程遠く静かな公園で、フェアの後片付けとゴミ拾いをしていた時、第1回「工芸の五月」のチラシのコピーにそんな事を書いたのを思い出した。
砂漠に吹く風が砂に風紋を残すように、目には見えない作り手たちの風紋が、この芝生に広がっているように感じたから。
午後からの普段のリズムを取り戻すため、少しだけざわざわした余韻に浸った、朝のあがたの森でした。
ちなみに会場で拾ったゴミは、会期前にあっただろう物も含め家庭用ゴミ袋ひとつでした。
皆さんありがとう。


あがたの森から

週末のクラフトフェアまつもとに向け明日は会場の準備。
31回目を迎えるフェアに皆勤賞で参加してる姿なんて当時の自分は想像もしてなかった。

日本中にクラフトフェアを広げるきっかけになるこのイベントは、1回目にチャールズ イームズの映画を上映することから始まっている。デザインとはクラフトとは何か、自分たちで模索しながら、作り手による作り手のためのイベントを(楽しく)作ろうとしている事が良くわかる。町おこしなんて言葉もないし、誰も考えちゃいない時代。
まだ芝生の広場側の木は校舎より低く、少しだけ空が広かった。 


木が校舎を隠し、以前よりだいぶ小奇麗なクラフトマンが芝生を埋める5月最後の週末。

そういえば「CRAFT FAIR」で始まったけど、3回目くらいからは「CRAFTS FAIR」になってるの知ってましたか。

リトルハイ

工芸の五月も残すところあと少し。最後の2日は大変な賑わいが予想されます。
そんなこんなで6月の個展案内をしていませんでしたのでご案内。会場は東京、中野ブロードウェイにあるリトルハイ。期間はDMの通りです。
今回は先日の日テレ「スッキリ!」で紹介してもらったせいか、今までに無く勝手に宣伝してくれる方が多くて、ブログが一番遅いんじゃないか状態です。今日はヤフーニュースにまで載ってしまいました。
さてプレッシャーを感じながらもう少し作品増やします。

ひと・がた

front.jpg
フェイスブック等では紹介済みで、ブログで最終日にアップするのもどうかと思ったけど記録も兼ねて私プロデュースの「異形の宴 ひと・がた」本日までです。
等身大のラタンの女性像は信耕ヒロ子さんの「靴を選ぶ女」
ある店で彼女の靴選びに付き合う男の、かしづく姿が印象的で作ったとか。
上から目線のポーズが印象的。

松澤登美雄さんの少年は何をみつめているのか。ちょっとした仕草にくすぐったい懐かしさを感じます。
そしてなぜか一番受けていた原始人。
礒岩まさるさんの作品群と一緒に、私らしき人物が子分をお供に立っております。

千絵さんの写真

情景図鑑もいよいよ明日まで。お越しいただいた皆様には大変お楽しみいただけている様子にホッとしております。今回は佐藤千絵さんの展示の様子。

一般的な展示もありますが・・・


今回は六方石などの表面に千絵さんの写真をレーザー彫りしたものも一緒に展示してます。静かな写真が立体とコラボレーションすることで生まれる不思議な質感もお楽しみください。


伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM