国際交流展2011




自遊石での企画展が終了いたしましたが、まだまだ工芸の五月企画は続いてます。
松本市美術館・市民ギャラリーにて、本日より「工芸をめぐるふたつの町の国際交流展」が始まりました。大町市と姉妹都市であるアメリカのメンドシーノの作家さんたちとの交流展です。私も2度ほど出品参加している関係で、昔の作品ですが4点ほど並べてます。
29日までやってますので是非足を運んでください。入場無料です。 

情景図鑑終了






情景図鑑興わりました。
「鋳る」という仕事を、遊び心いっぱいに見せてもらったり、


カップの中で様々な冒険をさせてもらったり


ちょっと上から目線で責められてみたりと、楽しい1週間でした。
出展者の皆さん心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
来年も、自遊石目線で見つけた作家たちと新しい情景図鑑を作り上げたいと思います。

明日からは常設展に戻ります。
工芸の五月も大詰めです。クラフトフェアまつもとでお会いしましょう。 

夏空間近


本日も御来廊ありがとうございます。熱心に見ていただき感謝です。
奥田さんの「ツーリング」正面構図がくすぐったいです。
きのうは陶の山下さん夫妻や能勢さんも兵庫県から来ていただきありがとうございます。特に山下さんとんぼ返りでお疲れ様です。信州までの旅満喫できたでしょうか。


尾上さんのカップ。飛行船も飛んでます。青い飲み物を入れると海と空って感じかな。

空といえばすっかり夏状態。ずっとTシャツです。現場仕事も続いているので見えてるとこだけ焦げ始めました。紫外線量は赤道に近いほうが高いわけだけど、日照率では全国ベスト5という松本市は浴びてる時間が長ーいわけで、女性の方々やっぱクラフトフェアには帽子を忘れずに。

見えるもの 見えないもの


会期2日目。画像は奥田さんの服シリーズ。見ていると脳みそのどこか、2次元と3次元の境目で戸惑っている自分がいる。
今日は新聞取材があり、いつも会う記者さんと新人さんがやってきた。純粋に感想が言葉になる記者さんと言葉少ない新人の男の子。一所懸命メモとって初々しい。がんばれー。
それにしても取材のたび年齢を聞かれるのが、男だしどうでも良いことだがちょっと鬱陶しい。
女性の場合、その多くが自分は実年齢より若く見えると思っているとか。それを踏まえて「いくつに見える?」と聞いてくる。男が言葉選びに苦慮するシチュエーションベスト3に入るな。そんなときは「プードルなら3歳くらいかな」とか言っときましょう。

いろんなカタチ

展覧会初日。月曜日スタートにしてはお客様もけっこうあり、反応もよろしくうれしい限り。
画像は山下さんの陶のオブジェたち。立体絵本を見るようだ。

午後からは市民活動関係の会議があり、地域との関わりとか永遠のテーマが語られるが、何やかや手を上げ、声を上げ、腰を上げてるメンバーは、どの地域もいつも同じ顔ぶれだということだ。たくさんの人を楽しく巻き込む努力をしないと、どんな意味ある活動も仲良しごっこに終わってしまう。

秋にフェスタを予定してるが、こんな時だし、義援金と支援金の違いをきちんと説明するような時間を取ったらどうかという話が後の飲み会で出た。長期に渡る震災の復興活動を考えると、闇雲に義援金として寄付するのではなく、災害ボランティアなどが少しでも長くしっかりとした活動ができるように、支援金として寄付することの重要性も伝えて行かなければならない時期かも。 自分たちができるいろんなカタチを見つけよう。

展示終了



展示が大体終わりました。本日は平島さん本人が搬入で松本に来てくれました。とんぼ返りでご苦労様でした。写真は木と組み合わせた駱駝をモチーフにした「砂漠の都」。出品の作品はどれにも遊びと物語がある素敵なものばかり。


新作のウサギは・・・・ なんということでしょう。

上部のフタにもなっている本体をはずすと、お腹の中に子ウサギがたくさん入っているのです。それも立体パズルになっているという、匠の遊び心が溢れた作品です。

会場で一羽ずつはずしながら説明したいのですが、私は戻す自信がない。

いよいよ明日からです。見ないと損する情景図鑑兇任

アンモナイトの街



そして5人目はT-Boxの平島鉄也さん 。藝大の工芸科の出身。金属は彫金・鍛金・鋳金とありますが、平島さんは鋳金専攻。動物をモチーフにした鋳造作品を中心にアクセサリーなども並びます。私はすっかり離れてしまいましたが、やっぱ金工いいです。

あら、いやだ



能勢寛子さんの人形は幼子のようなハタマタ娼婦のような不思議な佇まいで、見る人にせまる。
あっけらかんと大胆に、貴方さえ気がつかなかった心のドアを 勝手に開けて「あら、いやだ」と、ひとこと残して去っていく。

小さな庭

 

ガーデンデザイナーでもある奥田由味子さんのワイヤーワーク。様々な暮らしの残像を、クロッキーのような軽いタッチで表現された作品たちは、ギャラリーに優しい風を運んでくれそうです。

生成りの街並み

 


参加作家さんをご紹介。兵庫県三田市のki:ki工房を開いている山下広樹さん。手びねりの風合いを活かした陶のオブジェたちが、とても賑やかに並ぶ予定です。小さな町で迷子になりましょう。



伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM